FC2ブログ

不登校の子供への対応

不登校の原因
01 /11 2018
子どもが不眠症で生活リズムが崩れて不規則な生活を送ってしまっても、実際にはそれがわかりづらくただ怠けていると見えがちです。

子供にとって親という存在は大きなもので、子供自身が連日休んでしまった事への叱責を恐れたり、次学校を休むと何か言われるというプレッシャーでさらに不眠症が深刻になりがちです。

そんな時は、親御さんは学校を休むことを許可してあげてください。
そうしてしまうと甘えてずっと休んでしまうと不安に思うかもしれません。
そうではなく「体調を整えて、学校に行けるようになるまで休んでいいよ」という風な、一時的な許可を下す事が重要です。

不眠で悩んでいる子供には家族の理解とケアが大切です。

中高生の不眠、起立性調節障害の悩みにサプリメント

キリツテイン


スポンサーサイト

睡眠障害の素!?生活習慣での「メラトニン」不足について

不登校の原因
10 /18 2017
睡眠障害はメラトニンというホルモンが関係していると言われています。

メラトニンは睡眠と目覚めの状態を切りかえる作用と体温、血圧が低下して脳を休める眠りに大きく関係しています。

その為、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌量が不足してしまったり、自律神経の働きが乱れることにより、メラトニンの分泌が減少してしまうと、不眠症等の睡眠障害を引き起こす可能性があります。

不登校の子供には、自律神経の乱れが原因の不眠症が増えているといわれています。

この自律神経の乱れは生活習慣の見直しとサプリの補助での対策で解決も可能です。

不眠が原因で不登校になっている子供でお悩みの親御さんはご一考下さい


中高生の不眠、起立性調節障害の悩みにサプリメント

キリツテイン



不登校の原因になっている病気「起立性調節障害」

不登校の原因
09 /25 2017
不登校の子供が朝に起き上がれない、眩暈があるなんて訴えているケースがよくあるそうです。

大抵の親は怠けている・甘えているとばっさりと切り捨て、ちゃんと登校できない子供を叱咤するでしょう

しかし、少し待って下さい。

それはただの登校拒否ではなく、起立性調節障害ではないでしょうか?

起立性調節障害は、思春期の子供がかかりやすい自律神経失調症です。

症状は、
朝起きられない、夜なかなか寝付けない
立ちくらみ・立っていると気分が悪くなる
食欲がない
イライラする・集中力が低下した
午前中は元気がないが午後や夕方から調子がよくなる
寝ても疲れがとれない
乗り物に酔いやすい

といった物があります。

不登校の対応は親の理解が大事です。

お子さんしか分からない体調の変化にも気を使う事が大事です。

中高生の不眠、起立性調節障害の悩みにサプリメント

キリツテイン

suiminfuminkaisyou

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。